野菜 農薬 除去情報

野菜の農薬を除去したいけど。

説明文

日本の野菜には、農薬が使われてるケースが多くあります。

農薬は野菜を育てるうえでとても便利なので、多くの農業が使っているためです。

でも消費者からすると怖いのもまた農薬であると僕は思います。

日本の農薬投与率は実は世界でもトップクラス。

説明文

僕は料理を作ることが多いですが、そのほとんどが家族のために作っています。そのときに安心して食べてもらうえで、農薬をきっちり落とすということは考慮すべき問題だと思っています。

いろいろ農薬の落とし方を調べてみたんですけど、水洗いなんかでは、農薬って落ちきらないらしいんですよね。

検索してオゾン水で落とすというのもありましたが、なんかお金がかかりそうだし、何より最初は簡単に続けられそうでも、毎日するのは面倒そうで、気が付いたら使うことをやめてそうです。

だから僕は出来るだけ手軽に農薬を落とす方法を考えてみることにしました。

料理に手を込む人の農薬の落とす方法って結構敷居が高いと感じます。

検索して上位に表示されるのは、結構なガチなんですよね。

そこでここでは手間をそれほどかけないで農薬を落とすことを重視して考えていきたいです。

野菜に農薬を使う理由。

説明文

野菜に農薬を使う理由は一般的に知られている物で言うと、害虫の被害を防ぐためではないでしょうか。

野菜が育つ過程ではどうしても、害虫を引き付けてしまいますからね。

僕のおじいちゃんは畑をやっていました。おっきいジャガイモ畑を営んでいたんですけど、テントウムシが葉っぱにたくさんつくので農薬を投与していました。そうですね。確かに農薬は害虫予防に良く使われています。

でもその他にも、農薬は色んなことの予防に使われているんです。

例えば、雑草対策なんかが挙げられます。畑の土は栄養があるので雑草も良く育ちます。それは良いんですが、雑草は野菜の栄養も取っちゃうので良い野菜を取りたい農家にとっては邪魔でしかないです。だから農薬投与で、さっさと雑草を除去してしまいます。

その他にも作物の疫病を防ぐ役割も持っています。

意外と野菜も疫病にかかるんですけど、それを防ぐための農薬もあるんです。こうしてみると、人間に使っている薬に近いですね。

こういった理由があって農薬が使われます。こうしてみると農薬ってとっても便利です。基本的にリスクはありませんし、作物を育てるうえでのいろんな手間を省いてくれます。

農薬は基本的に農家の人がルールを守っていれば人体にダメージを与えるものはほぼありません。

危ないのはルールを守っていない場合です。これは守っていないというより、守れなかった場合が怖いです。

例えば単体では全く人体に被害を与えない農薬も何かの拍子で、他の物質と化合したりして人体に影響を及ぼす場合もありますし、農家の人が何かの拍子で投与率を誤ってしまうこともあるかもしれません。

僕も工場で仕事をしていたんですが、疲れているときに、油の使用量を間違えて危うく大参事になることになりました。

人間は間違いを犯す生き物。やはり農薬も人が使うものなので、間違いがあります。

だから食卓に届く野菜にもきっちり注意しておいた方が良いと僕は思っています。

調べてみた農薬除去。

農薬除去の方法はいっぱいありました。

調べた物で言うと、茹でてみることや塩もみして流すなどがありました。その他にも重曹を使う等、一風変わった方法もあります。

でも僕自身手軽でいいなと思ったのは幼稚園の給食なんかでも良く使われている野菜スプレーを使用することです。

面倒な手順なしで、野菜に吹きかけて洗うだけでいいので手軽にできていいなと思います。

かくいう僕も実際に野菜スプレーを使っています。プチトマトなんかに使ってみると黄色い汚れみたいなものが落ちたのでこれは効果ありかなと思ったんですけど、どうやら展着剤が落ちただけみたいでした。

それでも手軽に使えるので、使っています。

他にもヤフーで「野菜の落とし方」で検索してみて一位にきているオゾン水も良いなと思いました。きっちり農薬を落とせるみたいだし。

でも僕自身野菜スプレーを便利に使わせてもらってるので、また今度やってみて記事を書いてみようかなと思います。

給食でも使われる野菜スプレー。

説明文

僕は野菜スプレーを2つ購入してみました。そのうちの一つがべジシャワーです。幼稚園でも使われているというキャッチコピーにつられて購入してしまいました。

実際に買ってみた感想はデザインがシンプルでいいなということです。

台所に違和感なくおけるので良い。

効果的なもので言うと、展着剤が落ちて水が黄色くなっていて農薬もきっちり落ちているんじゃないかなと思いました。

農薬の除去の他に、放射性物質の除去や、雑菌もしてくれるみたいです。

公式ページもきれいで見やすかったので、べジシャワーがどんなものか分かりやすくてよかった。

公式ページの定期コースで購入すれば、安く買えるとのことだったんですが、あくまで試運転ということで今回は単品で購入しました。

心なしか食べやすくなった。もうひとつの野菜スプレー

説明文

これも2つ買ったうちの一つなんですが、ベジ―アルケミーというスプレーです。

使い方は上のべジシャワーと一緒です。

上のべジシャワーと同じような感じで使ったんですが、心なしか野菜特有の食べにくさがなくなった気がしないようなするような。たぶん消臭効果を付与しているところが、食べやすさに関与しているのかと思います。

こちらも公式ページが見やすいところが良いですね。

僕は使っていないんですが、スプレーの他にも洗剤やパウダーなんかも販売しているみたいです。結構使いやすかったので、覚えていれば、それらの商品も使ってみたいです。

食に関しての安全性。

割とこういった、農薬に関する記事を散見させてもらいますと、いろんな記事で農薬による死亡事故なんかを書かれています。

そういった記事を見て思うのですが、どの農薬事故の例も1950年代などの昔の記事を引用しています。

個人的には少し、怖がらせすぎかなと思います。

最近は農家も一企業みたいなもんで、ブランドを大事にしているので安全性は昔なんかとは段違い。

昔と比べてほとんど危険性は落ちているのかなと思います。

とはいえ、大事なのは事故の確率が低いと思っても、楽観視はしすぎないこと。

やはり農薬の危険性は確実に頭に入れておくことが大事なのかなと思います。

99%安全ならば、その99%を100%にしてあげるのが料理の作り手の気遣いなのかなと思います。

という理由で今回は一つ手軽にできる農薬の除去を紹介してみました。